不動産の登記をお考えの方

  1. Home
  2. /
  3. 業務案内
  4. /
  5. 不動産の登記をお考えの方

不動産登記とは、皆さんの大切な財産である土地や建物の物理的な状況・権利関係に変化が生じたときに、その旨を登記簿に記載して社会に公示することで、取引の安全を守る制度です。

司法書士は、このうち権利関係の登記について書類の作成や申請代理業務を行います。

登記の種類にはいくつかあり、不動産に対して生じた変化の原因に応じて申請する登記の種類が決まっています。

登記が必要となる主な例としては、次のとおりです。

サービスと報酬(税込)

抵当権抹消登記

13,200円(税抜12,000円)

住宅ローンを完済すると金融機関から抹消関係書類が交付されます。
登記は義務ではありませんが、多忙を理由に延ばし延ばしにしているとあっという間に数年が経過してしまいます。

その数年の間に引越しをして住所が変わった場合はさらに「所有権登記名義人住所変更登記」が必要となり費用が増えてしまいます。
また、書類を紛失する心配もありますので、書類が届いたら放置せずお早めの登記申請をお勧めします。

当事務所はネット申込も出来ますので、ご来所が難しい方はぜひご利用下さい。
なお、抵当権抹消登記は、全国どこからでもご依頼可能です。

登記名義人表示(氏名住所)変更登記​

11,000円(税抜10,000円)

結婚、離婚、住所移転等により氏名住所に変更が生じた際に必要な登記です。
抵当権抹消登記申請時に、所有者の氏名住所が登記上の氏名住所と異なる場合は、登記名義人表示変更登記が必須となります。
この場合、2件の登記申請を行います。
なお、不動産が共有名義の場合で、住所移転の時期が異なる場合は別々の登記申請となり、全部で3件の登記申請が必要になります。
必要書類は、住民票・戸籍の附票・戸籍謄本等です。
ご用意頂いた書類に不足がある場合、当事務所にて取得いたします。実費はご負担頂きますが取得の報酬はサービスです。(他の登記と同時にご依頼の場合)

なお、登記名義人表示変更登記は、全国どこからでもご依頼可能です。

費用の具体例

※不動産の個数によって、青字部分が変動します。

例1) 不動産3個の場合(土地2筆・建物1棟)

内容 報酬 登録免許税・郵送費等
抵当権抹消登記(1申請) 12,000円 3,000円
登記情報(事前確認)3通 0円 1,002円
登記事項証明書(事後確認)3通 0円 1,500円
郵送費(法務局往復) 1,040円
消費税(10%) 1,200円
小計 13,200円 6,542円
合計 19,742円

例1)上記のネット申込の場合(依頼者⇔当事務所の送料実費が加算となります。)

内容報酬登録免許税・郵送費等
抵当権抹消登記(1申請)12,000円3,000円
登記情報(事前確認)3通0円1,002円
登記事項証明書(事後確認)3通0円1,500円
郵送費(法務局往復)1,040円
郵送費1,410円
消費税(10%)1,200円
小計13,200円7,952円
合計21,152円

例2) マンションの場合(敷地権付き区分建物:1部屋・敷地権の土地1筆)

※敷地所有権が10筆以上という場合もございます。関係書類を確認しないと登録免許税は確定しません。

但し、敷地権付き区分建物の場合、登記情報・登記事項証明書は各1通で足ります。

集合住宅でも、敷地権の付いていない区分建物の場合は、不動産の数だけ取得が必要になります。

内容報酬登録免許税・郵送費等
抵当権抹消登記(1申請)12,000円2,000円
登記情報(事前確認)1通0円334円
登記事項証明書(事後確認)1通0円500円
郵送費(法務局往復)1,040円
消費税(10%)1,200円
小計13,200円3,874円
合計17,074円

抵当権抹消登記と同時に所有権登記名義人氏名住所変更登記を行う場合

例3)不動産2個の場合(土地1筆、建物1棟)

内容報酬登録免許税・郵送費等
所有権登記名義人氏名住所変更登記(1申請)10,000円2,000円
必要書類の取得(不足ある場合)上記に含む(実費)
抵当権抹消登記(1申請)12,000円2,000円
登記情報(事前確認)2通0円668円
登記事項証明書(事後確認)2通0円1,000円
郵送費(法務局往復)1,040円
消費税(10%)2,200円
小計24,200円6,708円
合計30,908円 + (実費)

加算金が発生する場合(抵当権抹消・所有権登記名義人表示変更)

  • 不動産が多い場合:5個目から、1筆1,100円
  • 抹消関係書類を紛失、古い抵当権等:別途見積
  • 申請が複数必要な場合:2申請目から、1申請8,800円
    例)他管轄の不動産がある場合

実費について(抵当権抹消・所有権登記名義人表示変更)

  • 登録免許税:不動産1個につき1,000円(基本)
    登記申請時に納める国税で、収入印紙で納めています。
    どなたが申請しても必ず支払う実費のため、見積時には「実費」と計上させて頂く事もあります。
  • 登記情報:1通334円
    ご依頼が決まりましたら、すぐにオンラインで取得します。
    不動産の現状を確認し、他に必要な登記を発覚した場合は再見積の上ご報告します。
  • 登記事項証明書:1通500円
    登記完了後、速やかにオンライン請求し、申請通りの登記がなされているかを確認します。
    窓口受領でなく、郵送にしますので、受領につき日当交通費等の報酬は発生しません。
    但し、書類に折り目がつきますことご了承下さい。
  • 戸籍等の手数料:戸籍450円/除籍・改製原戸籍750円/戸籍の附票300円/住民票300円/定額小為替発行手数料100円
    ※1通の金額です。役所により異なる場合もあります。(戸籍・除籍・改製原戸籍は全国一律)
  • 郵送費1:法務局への往復郵送代 1管轄1,040円
    オンライン申請後、添付書類は郵送になります。規定により、普通郵便は不可の為、レターパック
    プラスを使用します。お急ぎの場合は、法務局へ持参及び受領します。
    この場合、郵送費の代わりに日当交通費等が発生します。
  • 郵送費2;役所等への往復郵送代
    ご要望・状況に応じて、普通郵便・速達・レターパックライト等を使用します。
  • 郵送費3:お客様(代表者1名様)とのやり取りにかかる往復郵送代
    書類の内容に応じて、レターパック(ライト・プラス)等を使用します。

全国対応ネット申込の手続きの流れ(抵当権抹消・登記名義人氏名住所変更)

赤字はお客様にして頂く行動です。

ネット申込

お申込

お問い合わせフォームからお申込下さい。(電話・LINE可)

受付確認

申込受付の確認メールを送信します。(原則24時間以内)

発送

ご自宅へご案内書類・委任状・返信用レターパックプラスを送付します。

ポストに投函

ご署名押印済みの委任状・本人確認書類コピー・金融機関発行の抹消関係書類一式をポストに投函して頂きます。

事前確認・費用確定

返送書類を確認後、登記情報を取得し正式なお見積書をメール等で送付します。

本人確認

お電話にて本人確認・ご依頼意思の確認等ご協力をお願いします。(5分程度のお電話)

お振込

請求書をメールいたしますのでお振込下さい。振込手数料はご負担下さい。

登記申請

ご入金確認後、原則3営業日以内にオンライン登記申請をします。
申請~登記完了まで約2週間です。

事後確認

登記完了後、登記事項証明書を取得します。

納品

完了書類・お預り書類一式・領収書を送付します。

受領確認

受領書をご返送若しくはメールにて頂きます。

所有権移転登記(財産分与・贈与等親族間の移転)

66,000円(税抜60,000円)

例1) 離婚に伴う財産分与で妻持分10分の2を夫名義にする場合(贈与も同じ)
不動産2個(移転する持分の固定資産評価額400万円/全体評価額2000万円)

内容 報酬 登録免許税・郵送費等
持分全部移転登記(1申請) 60,000円 80,000円
登記原因証明情報作成 上記に含む
登記情報(事前確認)2通 0円 668円
登記事項証明書(事後確認)2通 0円 1,000円
郵送費(法務局往復)

1,040円
郵送費(その他) (実費)
消費税(10%) 6,000円
小計 66,000円 82,708円
合計 148,708円 + (実費)

加算金が発生する場合(所有権移転)

  • 不動産が多い場合:5個目から、1筆1,100円
  • 登記済権利証(登記識別情報)を紛失した場合:本人確認情報作成 別途見積
    本人確認書類の種類(面識の有無)等により、55,000円~
  • 申請が複数必要な場合(当事者に変更なし):2申請目から、1申請44,000円
  • 申請が複数必要な場合(当事者に変更あり):2申請目から、1申請55,000円
    例)武蔵野市の自宅、妻持分を夫に移転   1申請目
      熱海の別荘、妻持分を夫に移転     2申請目 44,000円
    ※所有権移転と持分全部移転、持分の異なる不動産を便宜分けて申請してもカウント上は1申請ですので、加算はありません。
    例)自宅の土地3筆(甲土地、乙土地3分の1、丙土地50分の7)建物(3分の2)
  • 共有名義にする場合:2人目から、1人5,500円
    例)Aの所有する土地を長男と二男に2分の1ずつ贈与する場合

実費について(所有権移転)

  • 登録免許税:固定資産評価額の2%(基本)
    登記申請時に納める国税で、収入印紙で納めています。
    どなたが申請しても必ず支払う実費のため、見積時には「実費」と計上させて頂く事もあります。
    特別措置法・免税措置・軽減措置・平米数等を確認の上、登録免許税を計算します。
  • 登記情報:1通334円
    ご依頼が決まりましたら、すぐにオンラインで取得します。
    不動産の現状を確認し、他に必要な登記を発覚した場合は再見積の上ご報告します。
  • 登記事項証明書:1通500円
    登記完了後、速やかにオンライン請求し、申請通りの登記がなされているかを確認します。
    窓口受領でなく、郵送にしますので、受領につき日当交通費等の報酬は発生しません。
    但し、書類に折り目がつきますことご了承下さい。
  • 戸籍等の手数料:戸籍450円/除籍・改製原戸籍750円/戸籍の附票300円/住民票300円/名寄300円/固定資産評価証明書300円/定額小為替発行手数料100円
    ※1通の金額です。役所により異なる場合もあります。(戸籍・除籍・改製原戸籍は全国一律)
  • 郵送費1:法務局への往復郵送代 1管轄1,040円
    オンライン申請後、添付書類は郵送になります。規定により、普通郵便は不可の為、レターパック
    プラスを使用します。お急ぎの場合は、法務局へ持参及び受領します。
    この場合、郵送費の代わりに日当交通費等が発生します。
  • 郵送費2;役所等への往復郵送代
    ご要望・状況に応じて、普通郵便・速達・レターパックライト等を使用します。
  •  郵送費3:お客様(代表者1名様)とのやり取りにかかる往復郵送代
    書類の内容に応じて、レターパック(ライト・プラス)等を使用します。

所有権保存登記

27,500円(税抜25,000円)~

建物を新築した場合にする最初の権利の登記です。新築購入時には一連の手続きの流れで保存登記まで完了している事が多く、ご自身で登記を依頼(意識)する事は少ないかと思います。

ただ、建て替えした際に新しい建物が未登記のままになっているケースがあります。

この場合、表題登記(土地家屋調査士)をしてから保存登記(司法書士)という流れになります。

 

加算金が発生する場合(所有権保存)

  • 共有名義にする場合:2人目から、1人5,500円

実費について(所有権保存)

  • 登録免許税:固定資産評価額の0.4%(基本)
    ※他は、上記の所有権移転と同じです。

必要書類等

登記の種類必要書類等
抵当権抹消抹消関係書類一式
所有権登記名義人氏名変更

戸籍謄本

戸籍の附票又は住民票

所有権登記名義人住所変更戸籍の附票又は住民票
※複数回の住所移転や外国に居住していた方は戸籍の附票を取得して下さい。
所有権(持分)移転登記済権利証(登記識別情報)
印鑑証明書(3カ月以内)
実印
固定資産税納税通知書(課税明細書)又は
固定資産評価証明書
住民票
所有権保存住民票

共通事項

※不動産の所在等がわかるもの(登記事項証明書)もあればご用意下さい。
※本人確認書類、認印

よくある質問

Q.

不動産の場所が遠方の場合、現地まで行くのですか?

A.

現地は行きません。登記は全てオンライン申請をいたします。 

Q.

登記は依頼してから完了までどの位かかりますか?

A.

必要な書類が揃っていれば、3週間程度です。(納品まで)

Q.

子供に贈与をしようと思いますが相談できますか?

A.

登記に関する事は初回相談無料です。但し、税務の事は税理士さんにご相談をお願いします。

Contact

お問い合わせ

お電話・メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

「ホームページを見た」とお電話ください。

受付時間:9:00~18:00
【土日・祝日除く】

LINEでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

Copyright ©はるのひ司法書士事務所 All Rights Reserved.

ページの上部へ移動